TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

AnyTimeとりあえずExcelに住所や連絡先を入力するけど、担当営業に任せっきりで他の誰も状況の把握が出来ていない。
果たして、それを顧客管理と言えるでしょうか?
最後の訪問はいつ誰がしたのか。
その結果はどうだったのか。
これから訪問すべき業種・エリアに該当する得意先はどこなのか。
これらの情報の把握がなされていなければ、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかも知れません。

新入社員でも分かる訪問先リスト

明日のアポイントは取ってあるのに、急な用事で会社を休まなければならなくなってしまった。
しかも、担当営業としてすべてを担っていたために、他の営業マンとの情報共有を行っていない…
これは、とんでもないストレスです。
勤務時間内に発生したことであればまだしも、帰宅後にとなってしまえば、誰に頼もうにも正確な情報を伝えることは難しくなります。
AnyTimeは日々の訪問スケジュール管理から訪問後の備忘録入力をクラウドで管理しているので、急きょ代理を立てなければならない事態に陥ったとしても、自宅のPCやタブレット・スマートフォンから、明日の訪問先の登録と訪問時の注意事項を書き記しておくことが出来ます。
もちろん、現在地から次の訪問先までのルートを地図上で表示してくれますので、入社1年目の新入社員でも、無事営業をこなすことが出来るでしょう。

訪問履歴はしっかり管理しましょう

「あれ?この前、お宅の会社の人が来たけど…」
訪問先でこんな言葉を聞かされたら、貴方ならどうします?
酔っぱらってもいないのに、同じ聞き手に何度も同じ話を聞かせることに抵抗はありませんか?
聞かされている側にしてみれば、顧客管理が出来ていない会社なんだなぁと思ってしまうかも知れませんし、"ダメな会社"のレッテルを張られた"顔"が貴方になってしまうかも知れません。
さらに、急きょ別の営業マンの得意先に代理で訪問することになったとします。
「この前のあれ、どうなった?」
これはきつい…
帰社までの時間は代理を務めた担当営業への恨み辛みしか頭に入らないでしょう。
どんな事態に陥ろうと、会社として慌てない為に、営業日報と営業履歴の管理はきちんとして下さい。

お客様は待ってはいません

年末・年度末にだけ顔を出すような営業に仕事を頼もうと思うでしょうか?
優先順位はありますが、訪問営業の業界に携わっているのであれば、もうちょっと頑張って下さい。
とは言え、皆が皆会社のことを思って働いている訳ではありませんから、社員の管理は経営者が行わなければいけないかも知れません。
誰がどこにいつ訪問したのか。
最後に訪問してから、どれぐらい期間が空いているのか。
もちろん、担当営業もサボっている訳ではありません。
ただ、目の前のことに必死になりすぎて、先のことが見えなくなっているだけなのです。
だからこそ、誰がいつどこでどんな話をしたのかを全員で共有することが大事であり、それが出来た会社が生き残っていけるのです。
PCでもタブレットでもスマートフォンでも全社で情報を共有するのであれば、クラウド顧客管理。
大手のグループウェアと対峙するつもりは毛頭ありません。
でも、細かいカスタマイズに対応できるのはAnyTimeです。

サンプルサイト

AnyTimeは顧客情報管理/訪問履歴管理/スケジュール管理/GPSによる近隣顧客検索を行うクラウド型業務パッケージです。

ログイン時に、パスワードの入力は不要です。

料金表

サーバー管理費は無料です。
(月額/税抜) 1〜30 ユーザー2,000円
(月額/税抜) 31~100 ユーザー3,000円
(月額/税抜) 101 ユーザー以上5,000円
ダウンロード