TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

ホームページは必要なのか?
地域密着型で、顔の見えるクライアントとしか商売をしていないような企業・店舗であれば、いくら費用が格安であったとしても、汗水垂らして稼いだお金をドブに捨てるようなもの。
ただし、新規顧客の獲得を狙っていたり、求人を行っている場合には、ホームページがないというだけでビックチャンスを逃してしまう場合もあります。
導入費用を安く抑え、効率の良い運用を行う方法とは。

ホームページ作成ソフトは検討材料から外すこと

ワープロ感覚でお手軽にホームページを作ってくれるホームページ作成ソフトですが、実際には何もしてくれません。
インターネット上に一般公開するには、別途プロバイダーと契約したり、レンタルサーバーの契約をしなければいけないのです。
さらに、契約したサーバーへのアップロードも、何から何まで購入者任せ。
豊富なテンプレートが謳い文句であっても、そのテンプレートを作っているデザイナーが無限にいるわけではありません。
ホームページ作成担当者を苦しめたくなければ、まず検討材料から外してください。

ホームページ作成業者に依頼する時はランニングコストに注意

「このデザインが素敵」「かっこいい」という理由で業者を選定される方が大半なのではないでしょうか?
勿論、それは間違いではありません。
お気に入りのデザインなのでしょうから、高額な請求をされても納得なはずです。
ただ、もし一般公開後にページ追加/訂正が想定される場合は、それにいくらかかかるのかを確認しておかなければなりません。
もし、月額管理料やページ追加/訂正に高額な費用がかかるのであれば、レンタルサーバーを借りて下さい。
大抵のレンタルサーバーにはCMSというホームページ作成編集ツールがインストールされています。
CMSを知らないとか、使えないというデザイナーさんはいないと思うので、デザインだけをお任せし、内容の追加/訂正は自社担当者が行うようにすれば、ランニングコストを低く抑えることが出来るようになります。

レンタルサーバも借りたくないという方にはクラウドCMS

レンタルサーバーを借りる利点としては、メールアドレス作成/メルマガ配信/グループウェア等々が挙げられますが、出来るだけ初期投資を抑えて、ホームページだけを開設したいという方には、クラウドCMSというサービスをおすすめします。
クラウドCMSとは何なのか?
バックグラウンドな話を抜きにすれば、ブログの延長です。
クラウドCMSを運営しているサイトにアクセスし、会員登録をすれば、すぐにホームページを作成/一般公開することが出来ます。
クラウドですから、SNSや他のクラウドサービスとの連携も容易!
テンプレートデザインだって、有名無名に関わらず、世界中のデザイナーが作ったテンプレートを使用することが出来るのです。
もちろん、お気に入りの業者さんにデザインだけをお願いすることも可能ですし、迷っているのであればクラウドCMSを検討されてみてはいかかでしょうか。
ダウンロード