TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

会計ソフトFreee各種データ取得プラグイン会計ソフトFreee各種データ取得プラグインKintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能なのですが、Kintoneで各種データのコード管理を行っていない方には、残念なお知らせが…。
APIを利用してFreeeにデータを登録する為には「勘定科目名」ではなく「勘定科目ID」が必要なのです。
しかも、そのIDはFreeeのデータ設定画面からダウンロード出来るCSVファイルの中には含まれていません。
では、一体どうすれば…。
そこで、Freeeの勘定科目/品目/部門/取引先/税区分/口座データをKintoneに登録させるプラグインを開発致しました。プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

無料DL

ダウンロード (約30KB)

ダウンロードしたZipファイルは解凍せず、そのままKintoneへインストールして下さい。

ダウンロード時に[破棄]ボタンが表示されたら…

ダウンロード時に警告メッセージが表示され、インストールが出来ない場合は、下記リンクを参考にして下さい。

「一般的にダウンロードされておらず…」と表示されたら

FreeeAPIについて

FreeeAPIを利用する為には、Freeeにアプリケーションを登録しなければなりません。
登録すると、アプリケーションID (AppID)とSecretが発行されますので、その2つの情報をプラグインの設定画面に入力して頂くことになります。
詳しくは、下記リンクをご覧下さい。

Freeeへのアプリケーション登録について

設定/操作

設定

設定

プラグインの設定画面を開き、内容に沿って各フィールドを指定して下さい。
Freee認証情報については下記リンクからご確認下さい。
» Freee認証情報のAppIDとSecretについて
プラグインをインストールするアプリにフィールドを追加する必要はありません。

操作1

操作1

プラグインの設定を済ませ、一覧画面に戻ると、Freeeのログイン画面が表示されますので、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインして下さい。
FreeeAPIログイン時にはソーシャルログインは利用出来ません。

操作2

操作2

ログインに成功すると、アプリ一覧画面に遷移します。

操作3

操作3

取得したいデータを管理している事業所を選択し、「Freeeデータダウンロード」ボタンを押下します。

操作4

操作4

確認画面が表示されますので、「OK」ボタンを押下して下さい。

操作5

操作5

「OK」ボタンを押下すると、Freeeから各種データのダウンロードが開始されます。

操作6

操作6

FreeeからのダウンロードとKintoneアプリへの登録が完了すると、完了メッセージが表示されます。
ダウンロード