TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

チャットワーク連携プラグイン【ユーザー間メッセージ表示編】チャットワーク連携プラグイン【ユーザー間メッセージ表示編】チャットワークのグループチャットをしているならば、重要なメッセージを見逃してしまったとか、特定のユーザーとのやり取りのみを確認したいということもはございませんでしょうか?
もちろん、ダイレクトチャットを利用すればそのような悩みは起きませんが、情報の共有ということを考えるとグループチャットを利用することが望ましい場合もあります。
今回は、事前に取得したチャットワークアカウントIDを元にそのユーザーとのメッセージ履歴を一覧表示するプラグインを開発しました。プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

無料DL

ダウンロード (約30KB)

ダウンロードしたZipファイルは解凍せず、そのままKintoneへインストールして下さい。

ダウンロード時に[破棄]ボタンが表示されたら…

ダウンロード時に警告メッセージが表示され、インストールが出来ない場合は、下記リンクを参考にして下さい。

「一般的にダウンロードされておらず…」と表示されたら

API トークンとOAuthクライアントについて

チャットワークAPIを利用する為にはAPI トークン・クライアントID・クライアントシークレットを取得する必要があります。
取得したAPI トークン・クライアントID・クライアントシークレットはプラグインの設定画面に入力して下さい。
詳しくは、下記リンクをご覧頂き。各種情報の取得を行って下さい。

APIトークンを発行する

OAuthクライアントを設定する

クライアントID・クライアントシークレット生成時の[リダイレクト先URI]にはご利用中のKintoneドメイン+アプリ[https://○○○○○.cybozu.com/アプリID/]を入力して下さい。

*URIの最後に必ずスラッシュを追加して下さい。

設定/操作

設定

設定

プラグインの設定画面を開き、内容に沿って各フィールドを指定して下さい。

本プラグインはチャットワークユーザー情報取得とメッセージ履歴表示の2機能が搭載されております。

利用状況に応じて、使い分けて下さい。

操作1

操作1

プラグインの設定を済ませ、一覧画面に戻ると、Kintoneとの連携許可を確認する画面に切り替わりますので、許可ボタンを押下して下さい。
チャットワークにログインしていない場合は、同時にメールアドレスとパスワードの入力を求められます。

操作2

操作2

プラグインの設定で「チャットワークユーザー情報を登録する」にチェックを付けた場合は、レコード登録画面にチャットワークユーザー情報取得ボタンが表示されます。

操作3

操作3

チャットワークユーザー情報取得ボタンを押下すると、コンタクトユーザー一覧が表示されますので、情報を取得したいユーザーを選択して下さい。

操作4

操作4

ユーザーを選択すると、指定されたフィールドに情報が自動入力されます。

操作5

操作5

プラグインの設定で「メッセージ履歴を表示する」にチェックを付けた場合は、アカウントIDフィールドに該当するチャットワークユーザーが参加しているチャットルーム一覧がレコード詳細画面上部のドロップダウンに表示されます。

操作6

操作6

チャットルームを選択すると、アカウントIDフィールドに該当するチャットワークユーザーからのメッセージとそれに対する返信が一覧表示されます。

表示される返信は連携許可をしたチャットワークユーザーのメッセージのみになります。

赤で表示されるテキストは引用、青は連携許可をしたチャットワークユーザーからのメッセージを表しています。

一覧の表示件数変更と表示メッセージの絞り込みはメッセージ一覧上部から行えます。

操作7

操作7

メッセージに返信する場合は、一覧左の矢印ボタンを押下し、表示される入力欄にメッセージを入力して下さい。

操作8

操作8

メッセージが送信されると、返信内容が返信元のメッセージ下段に追加表示されます。

操作9

操作9

メッセージ履歴の中に添付ファイルがある場合は、メッセージ左のボタンがクリップに変わります。
ダウンロード