TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

サイボウズ社のビジネスアプリ作成プラットフォーム「Kintone」
短期間に簡単に利用出来るということがウリのクラウドサービスですが、複雑な集計(クエリ)の実現やモバイル版での表示内容の変更などを考えると、決して簡単にとは言えません。
弊社でも、クライアントからの要望を実現するのに苦労した経緯もあり、独自に開発してきたプラグインを無償で公開することに致しました。
もし、Kintoneでお困りの方がいらっしゃいましたら、ご活用頂ければと思います。プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

住所/緯度経度変換プラグイン

住所/緯度経度変換プラグイン
住所を入力すれば、該当する地図が表示され、緯度と経度も取得するプラグインです。
また、一覧画面への表示設定をすれば、画面に表示中の全ての拠点を配置した地図も作成出来ます。
さらには、一覧地図上の登録したい場所をクリック(タップ)すれば、クリック位置の座標と住所を取得し、そのまま登録画面に移動しちゃいます!
登録画面に移動したら、その他の必要項目を入力するだけで、レコード追加の完了です。
外出先で現在地住所の登録にお困りの方、このプラグインで作業効率を上げましょう!READ MORE

関連フィールドデータ一括取得プラグイン

関連フィールドデータ一括取得プラグイン
Kintoneでアプリを作ったことがある方であればお分かりになると思いますが、Kintoneにはルックアップフィールドというものがあります。
これは、別アプリのデータを各フィールドにコピー出来る大変便利なフィールドです。(エクセルで例えるならば、vlooup関数のようなもの)
大変便利なのですが、コピー先のフィールドにルックアップフィールドを指定することが出来ません。
そこで、コピー先がルックアップフィールドであってもコピーが出来、さらにコピー先フィールドが編集出来るようなプラグインを開発しました。READ MORE

一覧画面編集プラグイン

一覧画面編集プラグイン
Kintoneのアプリは入力/照会画面の他に一覧画面でのレコード絞り込みやグラフ表示機能が標準搭載されています。
それ自体は大変便利な機能なのですが、業務系アプリとして考えた場合、重要な機能が一つ欠けています。
業務系アプリをお使いであればお分かりになると思いますが、マスタデータなどは1レコードずつ呼び出して編集するとなると、それだけで時間の無駄使いになってしまいます。
もちろん、Kintoneにも一覧画面から編集出来る機能はあるのですが、ハッキリ言って使いづらい。
そこで、エクセルを操作するように、レコードを一覧で編集出来るプラグインを開発しました。
もちろん、ルックアップフィールドにも対応しています。READ MORE

タイムテーブル表作成プラグイン

タイムテーブル表作成プラグイン
予定表アプリなど、日付と時間を入力する必要があるレコードを時系列に表示することは容易ではありません。
容易ではないが、視覚的に状況を把握するにはぜひとも欲しい機能。
担当者などでの切り分けも欲しいし、日次/週次/月次でデータを見たい。
そこで、日付フィールド/開始時刻フィールド/終了時刻フィールドを配置したアプリにこのプラグインを読み込めば、誰でもタイムテーブルを表示出来るようなプラグインを開発しました。
さらに、それらのデータに緯度/経度フィールドがあれば、ルートマップも表示出来ます。READ MORE

フィールド遷移キー追加プラグイン

フィールド遷移キー追加プラグイン
各フィールド間の移動をTabキー以外にEnterキー/上下矢印キーで行うことが出来るプラグインです。
業務系アプリをお使いであればお分かりになると思いますが、テンキーのみでデータ入力を行ってきた方に、Tabキーでのフィールド遷移を強要するのは「優しさ」に欠けたアプリと言わざるを得ません。
そこで、Tabキー以外にEnterキー/上下矢印キーで前後のフィールドに移動出来るようなプラグインを開発しました。READ MORE

テーブルデータ一括表示プラグイン

テーブルデータ一括表示プラグイン
フォーム作成時にテーブルを追加し、一覧画面に戻ってみて「あれ?」と感じたことはございませんか?
そうです、一覧の初期設定である「すべて」にはテーブルは表示されません。
そこで、別途テーブルを追加した一覧を作成してみても、今度は「表示する」というボタンが表示されるだけ…。
このような経験をされている方、少なくないのでは?
そこで、面倒なだけの「表示する」ボタンをテーブルの内容に置き換えて一覧を表示するプラグインを開発しました。READ MORE

ルックアップデータ変換プラグイン

ルックアップデータ変換プラグイン
「数値フィールドで入力しちゃったけど、別のアプリを作って、このフィールドはルックアップにすべきだった…」
「ルックアップフィールドにしたけど、これは普通に文字列でよかった…」
アプリ作成に慣れてくると、以前に作ったフォームの内容に後悔や不満が出てきたりしませんか?
新しいフィールドを追加し、1件ずつ再登録。
考えただけでも恐ろしいことです。
そこで、数値・文字列フィールドからルックアップフィールドへコピー、反対にルックアップフィールドから数値・文字列フィールドへコピー出来ちゃうプラグイン開発しました。READ MORE

一覧レコード集計/コピープラグイン

一覧レコード集計/コピープラグイン
「この一覧データをそのまま別アプリにコピー出来たら…」
「まさかの町村合併!得意先の住所全部見直さなくちゃ…」
「あれ?一覧でグループ毎に集計って出来ないのかな…」
簡単そうで難しい、これらの作業。
ルックアップフィールドは、CSVの書出し/読み込みをすれば関連フィールドを自動更新してくれます。
集計も、一旦CSV書出しをし、Excel等で小計行を追加後、その小計行のみを別アプリで読み込めば、ちゃんとしたアプリになります。
でも、そんなことをしなければいけないなんて…。
そこで、Excelのお世話にならず、Kintoneだけでアプリ間コピー/小計算出が出来るプラグインを開発しました。READ MORE

日程・工程・稼働表作成プラグイン

日程・工程・稼働表作成プラグイン
来月の生産ラインの稼働状況を確認したい。
レンタル品の来月の在庫状況を確認したい。
新規案件の作業割り当てを行いたい。
エクセルを使って集計するのもいいですが、Kintoneをお使いであれば、CSVダウンロードの手間は省きたいものです。
そこで、Excelのお世話にならず、Kintoneだけで月次・年次のガントチャートを表示出来るプラグインを開発しました。
もちろん、チャート上をドラッグするだけで、日付が入力された状態で新規登録も行えます。READ MORE

複数日付選択カレンダープラグイン

複数日付選択カレンダープラグイン
不規則に続く日付をKintoneに登録する場合、皆さまはどのようなアプリフィールドをご用意しますか?
日付の入力数が固定であれば日付フィールドを必要数分用意すればいいですが、では可変である場合は?
日付フィールドをテーブル化するのもいいですが、行追加ボタンを押してからの日付選択というオペレーションは効率悪くありませんか?
このプラグインを使えば、文字列(1行)フィールドを用意するだけで、カンマ区切りの日付データとして複数の日付を管理出来ます。READ MORE

日付計算プラグイン

日付計算プラグイン
計算フィールドを利用しての結果に満足出来ない!
○ヶ月と○日後の日付が欲しい。
翌月末の日付が欲しい。
1年前の日付が欲しい。
どうにもならない日付計算の結果に悩み、そして諦めてしまった方。
このプラグインを使えば、思い通りの日付を手に入れられます。READ MORE

ルックアップ/階層区分対応ドロップダウン変換プラグイン

ルックアップ/階層区分対応ドロップダウン変換プラグイン
別アプリのデータをコピー出来るルックアップフィールドですが、コピー元のレコード件数が多い場合のフィルタ操作に疑問を持ったことはございませんか?
検索結果と検索用フィールドが一画面に収まっていなくては、業務用アプリとしては使い勝手が悪いかも知れません…。
そこで、選択画面を表示するという発想を変え、ルックアップフィールドのコピー元を部門・分類等で階層化し、その階層毎のドロップダウンフィールドでレコードを絞り込みながら決定するプラグインを開発しました。
もちろん、テーブル内ルックアップフィールドにも対応しております!READ MORE

ステータス連動必須フィールド設定プラグイン

ステータス連動必須フィールド設定プラグイン
「プロセス管理のステータス毎に特定のフィールドを必須項目としたい。」
こんなお問合せを頂きました。
プロセス管理機能を搭載したシステムなら、その程度は標準機能のはず!
ヘルプページを見れば、どこかに記載が…。
当たり前の機能すぎて見落としていました。
ステータス毎に特定のフィールドを必須項目にするプラグイン公開致します。READ MORE

課税区分別合計金額算出プラグイン

課税区分別合計金額算出プラグイン
「この商品は課税」「この商品は非課税」と伝票明細毎に課税区分が異なる場合、それらの金額計・消費税はどのように計算していますか?
Kintoneの計算フィールドでは対応が難しい、消費税計算。
内税・外税などの税転嫁や端数処理も考慮しなければいけませんし、何より商品毎に課税区分が異なる場合は、計算フィールド一つでは対応しきれません…。
ということで、課税区分毎に金額を計算するプラグインを開発しました。。READ MORE

プラグインのインストールについて

プラグインのインストール方法等については、サイボウズ社の公式ヘルプサイトをご参照下さい。kintone ユーザーヘルプkintone 管理者ヘルプ
ダウンロード