ルックアップレコードコピープラグイン

ルックアップレコードコピープラグイン他アプリのレコードをテーブルにコピーしたい。
ルックアップフィールドのレコードを複数選択をしたい。
ルックアップフィールドは便利な機能ですが、同時に複数のレコードを選択するということが出来ません。
レコード選択時に表示するフィールドや絞り込み条件の設定が出来るというのに、それを単一レコードの選択のみに使うなんて、もったいないとは思わないのか!
ということで、ルックアップフィールドの設定を元に他アプリのレコードをコピーするプラグインを開発しました。
プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。
※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

無料DL

ダウンロード (約30KB)

ダウンロードしたZipファイルは解凍せず、そのままKintoneへインストールして下さい。

ダウンロード時に[破棄]ボタンが表示されたら…

ダウンロード時に警告メッセージが表示され、インストールが出来ない場合は、下記リンクを参考にして下さい。

「一般的にダウンロードされておらず…」と表示されたら

設定/操作

事前準備1

事前準備1

プラグインをインストールするアプリに以下のフィールドを配置して下さい。
・ルックアップフィールド
コピー元アプリのレコード取得時の条件設定等を行います。
・文字列(1行)フィールド【任意】
配置したルックアップフィールドの「コピー元のフィールド」を連結表示する場合は配置して下さい。
・テーブル【任意】
選択したレコードを追加する場合は配置して下さい。
事前準備2

事前準備2

配置したルックアップフィールドの設定画面では、レコード選択画面に表示するフィールドを「コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド」に指定して下さい。
また、表示するレコードを絞り込みたい場合は「絞り込みの初期設定」にその条件を指定して下さい。
設定

設定

事前準備が終わったら、プラグインの設定画面を開き、内容に沿って各フィールドを指定して下さい。
操作1

操作1

「選択レコード表示フィールド」を指定した場合は、レコード追加・編集画面の該当フィールドに検索アイコンが表示されます。
操作2

操作2

検索アイコンを押下すると、「コピー元アプリ指定フィールド」に関連付けられたアプリのレコードが一覧表示されます。
操作3

操作3

表示されたレコードの中から、連結表示させたいレコードを選択します。
操作4

操作4

レコード選択画面のOKボタンを押下すると、選択レコード表示フィールドに選択値が連結された状態で自動挿入されます。
操作5

操作5

「テーブルコピー」を指定した場合は、レコード追加・編集画面の該当テーブル上部にコピーボタンが表示されます。
操作6

操作6

コピーボタンを押下すると、「コピー元アプリ指定フィールド」に関連付けられたアプリのレコードが一覧表示されます。
操作7

操作7

表示されたレコードの中から、テーブルに追加したいレコードを選択します。
操作8

操作8

レコード選択画面のOKボタンを押下すると、該当テーブルに選択したレコードが追加されます。

Internet Explorerをご利用中の皆さまへ

今回は、当サイトにアクセス頂き有難うございます。

しかしながら、当サイトをご覧頂く為にはGoogle Chrome,Mozilla Firefox,Microsoft Edge等のモダンブラウザのご利用が不可欠となっております。

Microsoft EdgeがインストールされたPCをご利用中であればMicrosoft Edgeを、インストールされていないPCをご利用中であれば、下記URLよりモダンブラウザのダウンロードをお願い致します。

Google Chromeをダウンロード

Mozilla Firefoxをダウンロード

Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ