一覧集計プラグイン

一覧集計プラグイン表やクロス集計表といった種類を選択しグラフの作成を行えば、表示しているレコード群の合計・平均・最大値・最小値を求めることが出来ます。
ただ、レコード一覧画面を見ているその時に合計を確認したいといった場合には、ちょっと面倒…。
さらに、Excel等の表計算ソフトに慣れてきた方にとっては、グラフ作成機能から集計表を作成するという考え方自体に疑問を持つかもしれません…。
そこで、数値・計算フィールド列のヘッダー部にそれらの集計結果を表示するプラグインを開発しました。
サポートサイト会員様限定連携サービス!

サポートサイトにご登録頂ければ、追加料金なしで以下の連携サービスがご利用頂けます。

Goopone

Goopone標準でも印刷機能はあるんだよなぁ。でも印刷に不要なフィールドは消したいし、改ページ後はサブテーブルのみのフォーマットにしたい。それと、出来るかどうか分からないけど、グラフも一緒になんてことは出来ないものでしょうか…?詳しくはこちら

Directone

DirectoneHPからのお問合せを直接Kintoneに登録したいし、商品紹介ページ・メンバーページを作りたい!カレンダーで予約も受け付けたい!それから、GoogleMapにレコード情報を載せて公開したい!そんなことが、これを使えば実現出来ます。詳しくはこちら

AtRecorder

AtRecorder顔認証システムによる出退勤管理。社員全員が出社する前提であれば、どうぞ。ただ、機械学習ですよ。全社員30枚づつの顔写真を用意出来ますか?これを使えばPCを立ち上げるだけで出勤です。詳しくはこちら

TISのサイト運営にご協力頂いている企業・個人の皆様

- TISのサイト運営にご協力頂いている企業・個人の皆様 -

すべて見る
TIS
お世話になってます!

無料DL

ダウンロード (約30KB)

ダウンロードしたZipファイルは解凍せず、そのままKintoneへインストールして下さい。

ダウンロード時に[破棄]ボタンが表示されたら…

ダウンロード時に警告メッセージが表示され、インストールが出来ない場合は、下記リンクを参考にして下さい。

「一般的にダウンロードされておらず…」と表示されたら

設定/操作

設定

設定

プラグインの設定画面を開き、内容に沿って各フィールドを指定して下さい。
画面上に表示されているレコードだけではなく、絞り込み条件に該当するすべてのレコードを集計対象とする場合は、「一覧の絞り込み条件に該当するすべてのレコードを集計対象とする」にチェックを付けて下さい。
操作

操作

一覧画面を表示すると、数値・計算フィールド列のヘッダー部に集計結果が表示されます。

Internet Explorerをご利用中の皆さまへ

今回は、当サイトにアクセス頂き有難うございます。

しかしながら、当サイトをご覧頂く為にはGoogle Chrome,Mozilla Firefox,Microsoft Edge等のモダンブラウザのご利用が不可欠となっております。

Microsoft EdgeがインストールされたPCをご利用中であればMicrosoft Edgeを、インストールされていないPCをご利用中であれば、下記URLよりモダンブラウザのダウンロードをお願い致します。

Google Chromeをダウンロード

Mozilla Firefoxをダウンロード

Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ