TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

テーブル複数行初期表示プラグインテーブル複数行初期表示プラグインレコード登録の際に毎回決まった内容をサブテーブルに入力しなければならないアプリ。
皆さんなら、どのような対応を取りますか?
一番簡単なやり方はレコードの再利用ですが、上書きしなければいけないフィールドのそのまま登録なんてことも考えられますね…。
かと言って、毎回同じ行数の追加と内容の入力をするのは、とても無駄な作業ではあります。
ということで、レコードの新規登録の際に必要な行数と値を初期表示するプラグインを開発しました。プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

無料DL

ダウンロード (約30KB)

ダウンロードしたZipファイルは解凍せず、そのままKintoneへインストールして下さい。

ダウンロード時に[破棄]ボタンが表示されたら…

ダウンロード時に警告メッセージが表示され、インストールが出来ない場合は、下記リンクを参考にして下さい。

「一般的にダウンロードされておらず…」と表示されたら

設定/操作

設定

設定

プラグインの設定画面を開き、内容に沿って各フィールドを指定して下さい。

操作

操作

レコード登録画面を開くと、プラグインの設定画面で指定した内容が各サブテーブルに反映されます。
ダウンロード