TIS

栃木県宇都宮市でホームページ制作/webシステム開発/ECサイト開発/基幹業務ソフト開発を行っています。

インターネット上で展開されている様々なサービスを連携させる為に、APIという技術が幅広く利用されています。
APIという言葉に馴染みがない方もおられますでしょうが、Webサービスを利用する上では無くてはなりません。
もちろん、利用する側の方々がそれを意識する必要はありませんが、KintoneでGoogleMapを表示させるようなプラグインをご利用中であれば、それは既にAPIを活用しているということになります。
このページでは、そのようなAPIを活用し、Kintoneと外部のWebサービスを連携させたプラグインを公開していきたいと思います。プラグイン作成受付中です!プラグイン関連のサイトを見てまわったけど、ご希望にかなうものが見つからなかったという貴方!
ページ下部の問合せフォームよりご連絡下さい。
汎用性があるプラグインについては無料で作成致します。※バージョンアップ・バグ修正は随時行っておりますが、万が一不具合等ございましたらご連絡下さい。

会計ソフトFreee各種データ取得プラグイン

会計ソフトFreee各種データ取得プラグイン
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能なのですが、Kintoneで各種データのコード管理を行っていない方には、残念なお知らせが…。
APIを利用してFreeeにデータを登録する為には「勘定科目名」ではなく「勘定科目ID」が必要なのです。
しかも、そのIDはFreeeのデータ設定画面からダウンロード出来るCSVファイルの中には含まれていません。
では、一体どうすれば…。
そこで、Freeeの勘定科目/品目/部門/取引先/税区分/口座データをKintoneに登録させるプラグインを開発致しました。READ MORE

会計ソフトFreee取引登録プラグイン

会計ソフトFreee取引登録プラグイン
売上/仕入/経費等のデータから仕訳を自動作成。
販売管理/財務会計といった基幹業務を統合したERPパッケージソフトであれば簡単に行える機能ですが、業務毎に異なるWebサービスを利用している場合だと、そう簡単にはいきません。
そのような時は、利用しているWebサービスがAPIを公開しているかどうか調べてみましょう!
今回は会計ソフトFreeeのAPIを利用し、Kintoneで作成したデータを会計ソフトFreeeへ取引として自動登録出来るプラグインを開発致しました。READ MORE

プラグインのインストールについて

プラグインのインストール方法等については、サイボウズ社の公式ヘルプサイトをご参照下さい。kintone ユーザーヘルプkintone 管理者ヘルプ
ダウンロード