インターネット上で展開されている様々なサービスを連携させる為に、APIという技術が幅広く利用されています。
APIという言葉に馴染みがない方もおられますでしょうが、Webサービスを利用する上では無くてはなりません。
もちろん、利用する側の方々がそれを意識する必要はありませんが、KintoneでGoogleMapを表示させるようなプラグインをご利用中であれば、それは既にAPIを活用しているということになります。
このページでは、そのようなAPIを活用し、Kintoneと外部のWebサービスを連携させたプラグインを公開していきたいと思います。
総数108個のプラグインを無料でご利用頂けます!TISのサイトにはkintoneプラグインと外部サービス連携プラグイン合わせて108個のプラグインがございます。
これらはすべて無料でご利用頂けますが、その108個のプラグインを作り上げるまでには、社内の誰もがインストールした覚えはないが言われるがままに使っていたTIS製プラグインのバージョンアップ依頼やkintoneの活動を一発で停止させてしまう強毒性のJavascriptファイルの駆除、仕舞には「○○日までに対応します」という内容のメールが届いたかと思えば、見知らぬ人同士のkintone絡みのやり取りであるのにTISのメールアドレスがCCに入り込んでいたという恐怖体験など、こちらが想定していなかった超常現象も多数ございまして、さながら「kintone駆け込み寺」の住職にでもなったのかと錯覚することもしばしば…。
とは言え、TISのプラグインがそこにあるのは事実ですので、「どうして俺が!」と思いつつも対応はしますが
TIS:「発見しました、こいつです!」
依頼主:「それは良かった。駆除したら、帰っていいよ。」
TIS:「え?」
依頼主:「何?」
TIS:「駆除費用をご請求したいのですが…。」
依頼主:「請求?これぐらいの作業で金取るの?」
TIS:「…」
依頼主:「賽の坊主から袖の下あるんじゃないの?俺は嫌だよ。さっさと帰んな!」
スズメバチハンターに払う金はあってもTISには払う金はない。
これは身の危険があるかどうかの違いなのでしょうか…?
ちなみに、賽の坊主は生き物や植物がお互いに依存しながら生態系を維持することを説いて回っておりますので、一衆生に直接手を差し伸べるような暇も余裕もないと思います…。
はたまた、
依頼主:「お前さんのところの栗きんとん、もうちょっと甘くならねぇんか?」
TIS:「すみません。この味がお好きなお客様もいらっしゃるので…。」
依頼主:「何だよ。ちょっと砂糖足せばいいだけなんだから、誰にも分からねぇよ。」
TIS:「それなら、ハチミツでもかけて召し上がってみてはいかがでしょう?」
依頼主:「ハチミツ?お前さんのところにはハチミツも置いてあるんかい?」
ハチミツは自分で買え!
と思えば、
依頼主:「白菜売って来てやったから、三軒先の長次郎さんのとこで八宝菜作ってやってくれ。」
TIS:「はい?」
依頼主:「俺は売るだけだから作れないよって言ったら、長さん怒っちゃってさ。」
TIS:「…」
依頼主:「とりあえず八宝菜が食べたいみたいなんで、作ってやってな。では、さいなら!」
誰なんだお前は!
TIS:「お待たせしちゃってごめんなさいね、長さん。うずら1個サービスしておきましたよ。」
そして、八宝菜を作ってしまうんか、俺は!
たしかに店先に置いてはあるけど、売って来てくれなんて一言も頼んだ覚えもないし、八宝菜は白菜だけじゃ作れないんだよ!木耳の材料費ぐらい払え!(うずら分はTISで持ちます)
※上記の寸劇はTISの身の回りで新たな超常現象が発生した場合、その内容によっては追加となることがございます。
もちろん、そうではない方の方が多いとは思いますが、kintoneというものに限らず、そこにあることが「当たり前」であってその裏側にたしかにあるものを見ようともしない方が最近増えてきているような気がします…。
kintoneは導入した個人・企業様の内製で業務改善が出来るサービスです。
本来であれば、他人の褌で相撲を取ろうとする輩をうっちゃり、誰の手も借りず横綱に昇り詰めることが理想ですが、相撲部屋に入門し、褌の締め方を学ぶ必要があることも事実です。
ということで、今後は有償サポート内でkintone全般に関するご指導やご支援を軸に活動してまいります。
ただ、まかり間違ってご契約者数が増え事業体の規模に見合わない金額になってしまったら、料金体系を見直し、はたまた自身の生活費(呑み代)以外は可能な限り「当たり前」な世界の中に埋もれてしまった方々への寄付や支援に使わせて頂きますので、ご理解頂けますと幸いです。
それと、流石に白菜事件はモヤモヤが募りますので、二次利用をお考えであり、事件を起こしそうな丁稚さんをお抱えであるか、自分たちには手に負えないお客さんがおられるのであれば、ひっそりと身を隠し時が過ぎることを待つのではなく、必ず有償サポート契約をお願いします。
詳しくはこちら
連携サービスその1!
Directone

DirectoneHPのお問合せを直接Kintoneに登録したい!商品紹介ページ・メンバーページを作りたい!カレンダーで予約を受け付けたい!GoogleMapにレコード情報を載せて公開したい!こんなことが、これを使えば実現出来ます。支払方法がクレジット決済の他に請求書払いを選択出来るようになりました。詳しくはこちら

連携サービスその2!
AtRecorder

AtRecorder顔認証システムによる出退勤管理。社員全員が出社する前提であれば、どうぞ。ただ、機械学習ですよ。全社員30枚づつの顔写真を用意出来ますか?これを使えばPCを立ち上げるだけで出勤です。支払方法がクレジット決済の他に請求書払いを選択出来るようになりました。詳しくはこちら

GMail連携プラグイン

GMail連携プラグイン
Kintoneからメールを送信したい!
送信先のメール履歴を一覧表示したい!
メールワイズというサイボウズ製品との連携ならば実現可能ですが、連携先がGMailとなるとどうでしょう?
メールテンプレートの内容を送信レコードの値で置き換えたり、一斉配信したり、添付ファイルフィールドの内容をメールに添付するなんてことが実現できるのか?
今回は、GMailAPIを利用し、GmailとKintoneを連携させるプラグインを開発しました。
READ MORE

Googleカレンダー連携プラグイン

Googleカレンダー連携プラグイン
Kintoneで登録した予定をGoogleカレンダーに反映。
反対に、Googleカレンダーで登録した予定をKintoneに反映。
参照元をどちらかに統一してしまえば済む話ではありますが、そうは出来ない大人の事情もあるのでしょう…。
今回は、GoogleカレンダーAPIを利用し、GoogleカレンダーとKintoneを連携させるプラグインを開発しました。
アプリ単位で登録先のカレンダーを区別させる。
そんなことも、このプラグインなら可能です。
READ MORE

Google連絡先連携プラグイン

Google連絡先連携プラグイン
GMailの送信画面を開き、Kintoneからコピーしたメールアドレスを宛先欄にペースト。
Kintoneで登録した顧客データを元にGMaliを送信するとなると、アプリを開いて顧客を検索し、さらにレコード詳細を開いてメールアドレスをコピーしなければなりません。
事前にKintoneの顧客データをGoogleへコピーしておけば、そのような面倒な作業も必要ないのですが…。
反対に、Googleでやり取りをしていたメールアドレスを顧客としてKintoneに取り込みたいということもあるでしょう。
今回は、Google連絡先API(People API)を利用し、Googleの連絡先とKintoneを連携させるプラグインを開発しました。
READ MORE

チャットワーク連携プラグイン【通知編】

チャットワーク連携プラグイン<span>【通知編】</span>
「外出先からレコードの内容を確認したいが、モバイル版Kintoneが使いづらい!」
「ゲストユーザーとかゲストスペースとか面倒臭い!」
「従業員がどんな操作をしているのかコッソリ把握したい!」
そのようなお悩みをお抱えであれば、チャットワークの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
今回は、登録・更新・削除・ステータス変更といったアクション毎にフィールドの内容をビジネスチャットツール「チャットワーク」へ通知するプラグインを開発しました。
READ MORE

チャットワーク連携プラグイン【タスク編】

チャットワーク連携プラグイン<span>【タスク編】</span>
Kintoneの受注アプリに登録した案件を各担当者に振り分けなければいけないような状況に置かれた時、皆さんはどのように対処していますか?
プロセス管理機能を利用したり、ユーザー選択フィールドを活用したり、方法は様々ありますが、ビジネスチャットツール「チャットワーク」にはタスク管理という機能があります。
今回は、このタスク管理機能を利用し、フィールドの内容をタスクとしてチャットワークユーザーへ作業依頼をするプラグインを開発しました。
READ MORE

チャットワーク連携プラグイン【ユーザー間メッセージ表示編】

チャットワーク連携プラグイン<span>【ユーザー間メッセージ表示編】</span>
チャットワークのグループチャットをしているならば、重要なメッセージを見逃してしまったとか、特定のユーザーとのやり取りのみを確認したいということもはございませんでしょうか?
もちろん、ダイレクトチャットを利用すればそのような悩みは起きませんが、情報の共有ということを考えるとグループチャットを利用することが望ましい場合もあります。
今回は、事前に取得したチャットワークアカウントIDを元にそのユーザーとのメッセージ履歴を一覧表示するプラグインを開発しました。
READ MORE

チャットワーク連携プラグイン【ルーム内メッセージ表示編】

チャットワーク連携プラグイン<span>【ルーム内メッセージ表示編】</span>
見込み客への訪問内容をKintoneに登録し、フォローを継続。
もし、その見込み客がチャットワークを利用しているとしたら、仕入れた情報をもとにメッセージのやり取りをするなんてこともあるかも知れません。
社長の誕生日や記念日をリマインドして、チャットワークでメッセージ送信!
でも、Kintoneとチャットワークを切り替えて操作するのが煩わしい…。
今回は、事前に取得したルームIDを元にそのルームのメッセージ履歴を一覧表示するプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【勘定科目編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【勘定科目編】</span>
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能ですが、登録の際に必要となる勘定科目や取引先等のIDは、Freee側で管理されているのもを使用しなければなりません。
しかし、FreeeからダウンロードしたCSVファイルの中を探してみても、IDらしきものは見当たらない…。
今回はFreeeへのAPI連携に必要となる勘定科目IDをはじめ、関連するデータをKintoneに登録させるプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【品目編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【品目編】</span>
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能ですが、登録の際に必要となる勘定科目や取引先等のIDは、Freee側で管理されているのもを使用しなければなりません。
しかし、FreeeからダウンロードしたCSVファイルの中を探してみても、IDらしきものは見当たらない…。
今回はFreeeへのAPI連携に必要となる品目IDをはじめ、関連するデータをKintoneに登録させるプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【部門編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【部門編】</span>
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能ですが、登録の際に必要となる勘定科目や取引先等のIDは、Freee側で管理されているのもを使用しなければなりません。
しかし、FreeeからダウンロードしたCSVファイルの中を探してみても、IDらしきものは見当たらない…。
今回はFreeeへのAPI連携に必要となる部門IDをはじめ、関連するデータをKintoneに登録させるプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【口座編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【口座編】</span>
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能ですが、登録の際に必要となる勘定科目や取引先等のIDは、Freee側で管理されているのもを使用しなければなりません。
しかし、FreeeからダウンロードしたCSVファイルの中を探してみても、IDらしきものは見当たらない…。
今回はFreeeへのAPI連携に必要となる口座IDをはじめ、関連するデータをKintoneに登録させるプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【取引先編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【取引先編】</span>
Kintoneで作成した売上/仕入/経費等のデータをAPIを利用して会計ソフトFreeeへ自動登録。
素敵な連携機能ですが、登録の際に必要となる勘定科目や取引先等のIDは、Freee側で管理されているのもを使用しなければなりません。
しかし、FreeeからダウンロードしたCSVファイルの中を探してみても、IDらしきものは見当たらない…。
今回はFreeeへのAPI連携に必要となる取引先IDをはじめ、関連するデータをKintoneに登録させるプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【取引編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【取引編】</span>
売上/仕入/経費等のデータから仕訳を自動作成。
販売管理/財務会計といった基幹業務を統合したERPパッケージソフトであれば簡単に行える機能ですが、業務毎に異なるWebサービスを利用している場合だと、そう簡単にはいきません。
そのような時は、利用しているWebサービスがAPIを公開しているかどうか調べてみましょう!
今回は会計ソフトFreeeのAPIを利用し、Kintoneで作成したデータを会計ソフトFreeeへ取引として自動登録出来るプラグインを開発しました。
READ MORE

会計ソフトFreee連携プラグイン【請求書編】

会計ソフトFreee連携プラグイン<span>【請求書編】</span>
作成した請求書から仕訳を自動作成。
印刷系プラグインを使わずに請求書をPDFに!
何とも夢のような機能ですが、もしクラウド系会計ソフトをご利用中であるならば、該当するAPIが公開されているかどうか調べてみましょう!
今回は会計ソフトFreeeのAPIを利用し、Kintoneで作成した請求書を会計ソフトFreeeへ自動登録出来るプラグインを開発しました。
READ MORE

Sansan名刺連携プラグイン【人物編】

Sansan名刺連携プラグイン【人物編】
「名刺を企業の資産に変える」
確かに受注機会の掘り起こしを行うという意味において、名刺は重要な資産です。
「○○さんのところへ打ち合わせに行くから、その近辺のお客様にも挨拶するか。」
「名刺を頂いてから訪問していないお客様はいないかな?」
頂いた名刺をスキャンしただけでは受注は取れません。
今回はsansanAPIを利用し、名刺情報を人物単位でKintoneへ登録・更新を行うプラグインを開発しました。
READ MORE

Sansan名刺連携プラグイン【会社編】

Sansan名刺連携プラグイン【会社編】
「名刺を企業の資産に変える」
確かに受注機会の掘り起こしを行うという意味において、名刺は重要な資産です。
「○○さんのところへ打ち合わせに行くから、その近辺のお客様にも挨拶するか。」
「名刺を頂いてから訪問していないお客様はいないかな?」
頂いた名刺をスキャンしただけでは受注は取れません。
今回はsansanAPIを利用し、名刺情報を会社単位でKintoneへ登録・更新を行うプラグインを開発しました。
READ MORE

Sansan名刺連携プラグイン【所有者編】

Sansan名刺連携プラグイン【所有者編】
「名刺を企業の資産に変える」
確かに受注機会の掘り起こしを行うという意味において、名刺は重要な資産です。
「○○さんのところへ打ち合わせに行くから、その近辺のお客様にも挨拶するか。」
「名刺を頂いてから訪問していないお客様はいないかな?」
頂いた名刺をスキャンしただけでは受注は取れません。
今回はsansanAPIを利用し、名刺情報を名刺所有者単位でKintoneへ登録・更新を行うプラグインを開発しました。
READ MORE

プラグインのインストールについて

プラグインのインストール方法等については、サイボウズ社の公式ヘルプサイトをご参照下さい。
kintone ユーザーヘルプkintone 管理者ヘルプ

お知らせ

2020-10-25TISサーバーの再整備に伴い、2019年11月までにダウンロードされたプラグインで使用していたJavascriptライブラリファイルを削除することになりました。
TISプラグインの継続利用をご希望される方は対象プラグインの再インストールをお願い致します。

Internet Explorerをご利用中の皆さまへ

今回は、当サイトにアクセス頂き有難うございます。

しかしながら、当サイトをご覧頂く為にはGoogle Chrome,Mozilla Firefox,Microsoft Edge等のモダンブラウザのご利用が不可欠となっております。

Microsoft EdgeがインストールされたPCをご利用中であればMicrosoft Edgeを、インストールされていないPCをご利用中であれば、下記URLよりモダンブラウザのダウンロードをお願い致します。

Google Chromeをダウンロード

Mozilla Firefoxをダウンロード

Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ